4/7

投開票

大阪府議会議員選挙

選挙の争点


Under40向け今回の選挙の主な4つの争点

大阪都構想

大阪都構想は現在の大阪「市」を廃止し、5つの特別区を設置する構想だ。これまで大阪市が持っていた財源 や権限の大半を大阪「府」に移し、一部を特別区に分配する事で、より効率的で府民に近い行政 を目指すとした案で、現在は主に大阪維新の会が中心となって推進している。推進派は「広域行 政の一元化によって行政効率を向上できる」としている。一方、反対派は「基礎行政を5つの特 別区に分割する事で逆に行政効率が低下する」や「再編コストの高さ」などを主張し批判している。

貧困

大阪府の生活保護受給率が全国一位となっている。また、大阪府は失業率と離婚率が全国平均より高く、貧困の要因の一つである一人親世帯の収入の低さが大きな問題となっている。特に 貧困家庭が多い大阪市では、小中学生の4人に1人が生活困窮を理由として就学援助を受けている。就学援助を受ける小中学生の割合は全国平均を大きく上回っており、貧困の深刻さを伺わせる。政府の調査では「家庭の経済的困窮率が高いほど子供が勉強する時間が短い」との調査結果も出ており、貧困の連鎖を止めるためにも所得の向上や子供支援の拡充が求めらる。

治安

大阪府は2011年時点で人口一千人あたりの犯罪発生件数が日本一となっており、殺人や強盗、覚醒剤事件の認知件数は全国トップクラスだ。大阪府警や大阪府は日本一返上に向けて治安の浄化 を行っているが、取り締まる側の大阪府警の警察官による不祥事が多発しており、国民・府民 の信頼を失いつつある。今後大阪の治安を向上させるためにも、まずは警察側が国民・府民 からの信頼を失わまいようにすると共に、治安が悪いの雰囲気を明るくするなど根本的な犯罪防止が求められる。

IR誘致

大阪府の夢洲は日本初のIR設置の有力候補となっています。日本総研の試算では、IR施設の開業 するまでの経済効果だけてで年間2600億円、開業後は年間9500億円、2025年大阪万博開催かが決 定すれはば、この年だけで2兆6000億円の経済効果かが見込まれており、大阪府知事や大阪市長、議会や関西の経済団体も誘致に積極的です。一方でギャンブル依存症や建設費用の高さなどを不安視 する声もあります。

5分で政治を身近なものへ

今すぐアプリを
ダウンロードして
誰に投票するか決めよう!

みんなの意見が見れる!

あなたの選挙区で注目されている選挙について、同じ地域のユーザーと意見を交換しながら投票の参考にできます。

地域課題の解決支援ができる

あなたが共感する地域課題を解決するための支援・応援ができます。

行政・政治家と議論できる

あなたの選挙区で注目されている選挙について、同じ地域のユーザーと意見を交換しながら投票の参考にすることができます。

今すぐ App Store からダウンロード !